フリーター・既卒からの就職方法を紹介します

*

フリーターや既卒から就職したい!転職業界で働いていた管理人が就職までの道のりを紹介!

正社員のメリットは?正社員を目指すわけ

      2016/07/11

正社員のメリットは?正社員を目指すわけ

昨今、「中年でフリーターをしている人が増えている」ことがテレビ番組で特集され、「中年フリーター」という言葉が生まれました。
そうした言葉が生まれるほど、中年でフリーターをしている人が増えています。

もちろん、中には意図してフリーターをしていて、満足している人もいるでしょう。

しかし、多くの中年フリーターたちはその厳しい生活を嘆いているのです。「もっと若いうちに正社員になる努力をしておけば良かった」と。

若い人の中には、
「フリーターでも正社員ぐらい稼いでいるから、正社員になるメリットなんかない!」
「一生フリーターでも全然余裕!」
と思っている人もいるかもしれません。

確かに、アルバイトを掛け持ちしてたくさんの時間働くと、正社員の人と変わらないぐらいお給料を稼ぐことは不可能ではありません

正社員であるがための縛りに苦しんでいる人も中にはいます。
フリーターよりも責任のある仕事を任せられるため、簡単に休みが取れなくなります
有休があるとは言っても、休む理由を追及されます。お給料をもらいながら休むのですから、仕方がないことです。
有休日数を超えて休めば欠勤扱いとなり、厳重注意を受けることもあります。

突然転勤を言い渡されて、遠くの土地に引っ越さなければならないこともあります。長時間通勤を強いられることもあるでしょう。

フリーターであれば、そのようなことはありません。
もし嫌になったら辞めればいいだけです。責任を問われることはありません。

そうした「正社員であるがゆえの縛り」ばかりを拾い上げて「フリーターで良かった」という人もいるでしょう

しかし、覚えておかなければいけないのは、正社員とフリーターの差は、単純に月給や休暇といったすぐに目に見えるものだけでは表すことができないということです。

一日単位、ひと月単位で見ていくとそれぞれの生活には大差がないように思えるかもしれません。休暇や責任、勤務地などを考えると、フリーターの生活の方が気楽で良いように見えることもあります。しかし、「生涯」全体で見た時、大きな差が生まるのです。

「本当にこのままフリーターでいいのか?」
「今無職で、フリーターでもいいかなと思っているんだけれど・・・」
そう悩んでいる人は、正社員とフリーターの違いを知って、自分の将来を考えて良いと思う判断をしましょう

期間限定での契約のため、いつ契約終了と言われるか分からない

「今のご時世、どこに就職しても不安定」だなんて言われています。
確かに昔よりも会社が倒産したり、大量リストラを行なったり機会は増えたかもしれません。

しかし、それでも正社員はフリーターよりも法律でしっかりと守られています。
会社はよっぽどの理由がないと、正社員を解雇することはできません。

同じ会社に正社員として勤めている人と、アルバイトとして勤めている人がいるとすれば、リストラ候補として名前が上がるのは後者のアルバイトの方が先です。
アルバイトや期間限定雇用をしている契約社員を先行してリストラし、それでも会社を立て直せない場合にのみ正社員がリストラ対象となります。

どれだけ正社員の人より長い時間働いて同じぐらいの金額を稼いでいたとしても、それは評価に値しません。

また、リストラに遭った場合でも、正社員とフリーターでは扱いが違います。
正社員が会社都合で退職となった場合、失業手当がすぐに支給されます。3か月間は働かなくても、それまで稼いでいた給料の8割が支給されます。
元の給料が安定していた分、8割支給されれば生活ができるという人がほとんどです。

その間、余裕を持って転職活動ができるので、スキルアップに繋がる仕事をゆっくりと探すことができます。

しかし、アルバイトとして雇われていた人は、会社都合で退職させられた場合でも失業手当は付きません。雇用保険が掛けられていないからです。

そのため、辞めた翌日から「生活費を稼ぐために何でもいいから仕事を探す」という生活が始まることになります。
こうした質の低い転職活動しか行えないため、同程度が、それ以下の給料でしか雇ってもらえないというパターンも多いのです。

こうした点から考えると、今の時代でも正社員の方が安定していると言えるのです。

福利厚生とは?正社員だけが受けられる会社からのサービス

福利厚生とは、企業から給与・賞与とは別に提供されるサービス・制度のことです。
正社員とフリーターを比較する際、よく口にされる言葉ですが、実際にはどのようなサービスが行われているのでしょうか?

各種保険

雇用保険や健康保険、労災保険、厚生年金保険、さらには介護保険などの各種保険に会社から加入してもらうことができます。

健康保険であればフリーターでも国民健康保険がありますが、この保険料が「高い」と思ったことはありませんか?
正社員になり会社から加入してもらう健康保険は、国民健康保険よりも割安です。
しかも、加入している保険会社ごとに優待があることもあります。
この優待が、テーマパークやホテルの優待など割と嬉しい優待であることが多いんです。

多くの場合、業種や地域によって加入している保険組合が異なるため、優待の内容も異なってきます。
大きな業界になればなるほど、これらの優待は充実した物になっていきます。

休業補償

フリーターの場合、ケガや病気をして働けなくなったら「欠勤」するしかありません。
働かなかった日のお給料はもちろん出ません。
アルバイトとしてでも半年以上同じ場所で働けば有休をもらうこともできますが、正社員の人よりも圧倒的に少ない日数しかもらえません。

また、欠勤の回数が増えると、雇い主は簡単にアルバイトを解雇することができます。

そのため、ケガや病気が命取りになる可能性がとても高いのです。

正社員の場合は、勤め始めてすぐに有休をもらうことができます。
更に、ケガや病気などでしばらくの間働けない状態になった時には、「傷病手当」という手当が出ます。
怪我や病気が続いている間、最高2年間、働かずにお給料の8割程度のお金をもらうことができるのです。

そのため、しっかりと療養に専念してから職場に復帰することができます。

その他にも会社によって様々ある福利厚生

ここまで説明してきた福利厚生は「法定権利」といって正社員として就職した人全てが請けることのできるサービスです。

福利厚生には上記以外にも「法定外福利」として、企業が独自に社員にサービスを提供している場合があります。

例えば、代表的なところでいうと、住宅手当や健康診断、資格取得支援などです。
手厚いところであれば、結婚祝い金や慶弔見舞金を出してくれるところもあります。

たまにネットニュースなどで聞かれる「失恋休暇」などの会社独自の休暇制度や、「社食完全無料」などの制度も、この法定外福利に当たります。

「福利厚生が手厚い」と言われる会社は、こうした法定外福利を多く設けている会社なんですね。

同じ会社に勤めていて同じぐらいの金額を稼いでいても、福利厚生で正社員とフリーターの間に大きな差が生じています。

生涯賃金にはこれだけの差が出る!

生涯賃金とは生涯をかけて稼ぐお金のこと。
人によって、業種によって、大きく異なってきます。

しかし、大きく「正社員」と「フリーター」という枠で分けただけで、大きく生涯賃金に差が出ると言う事実は、知っておかなければいけません。

フリーターの月収が平均して約16万円程度だとして、生涯賃金は5000万円から8000万円ほどになります。

対して正社員の場合、平均月収が約29万円で、生涯賃金は2億円から3億円ほどとなるのです。

この違い、とても大きいと感じませんか?

「自分はフリーターだけど、16万円以上稼いでいるから大丈夫!」と思われた人こそ、要注意です。

正社員と同じだけの金額をフリーターが稼ぎ出すためには、とにかく何時間も仕事に費やさなければいけません。正社員以上の時間を投じているはずです。
実際に、多くのフリーターが休む間もなく働いて生活を成り立たせていると言います。

若いうちは体力もバイタリティもあり、それでいいと思えるかもしれません。
しかし、年齢を重ねた時、あなたは今と同じだけの時間を仕事に投じることができますか?
肉体労働をしているのであれば、なおさら考えなければならない問題です。

正社員の場合、一ヶ月単位でもらえる金額が決まっており、更に有休や正月休み、盆休みなどの年次休暇もフリーターより多くあります。

年齢を重ねれば重ねた分、適したスキルの場所に配置換えされ、体に無茶をさせることなく安定して稼いでいくことができます。

辞める時には退職金も支払われます。

そのため、今どれだけフリーターとして稼いでいたとしても、安定して稼いでいくことのできる正社員よりも稼ぐことはできないのです。

まとめ:「一生生きていく」ことを考えれば断然正社員が安心

一言で正社員とフリーターの差をまとめると、「安定して稼げるか稼げないか」という言葉に尽きます。
フリーターは、今生活できていても、将来生活できなくなる可能性が正社員よりも高いのです。

正社員だってリストラに遭う可能性が高まってきているとはいえ、アルバイトよりは圧倒的に少ない確率です。
更に、リストラに遭った時でも金銭、時間とも余裕を持って転職活動に取り組むことができます。

こうした理由から、フリーターよりも正社員の方がいいと言われているのですね。

もし明確な目標、目的を持ってフリーターをしている場合は別ですが、そうではない場合、今からでも正社員を目指した方が将来の安定を得ることができます。

「職歴もスキルもないから」なんて言い訳をしないで思い切って就職活動に取り組んでみれば、誰でも正社員になることは難しくありません。

今頑張れるか頑張れないか、それだけで生涯が大きく変わるのです。

 - 正社員ってなんだろう?