フリーター・既卒からの就職方法を紹介します

*

フリーターや既卒から就職したい!転職業界で働いていた管理人が就職までの道のりを紹介!

面接の時に面接官はあなたの何を見ていると思いますか?

      2017/01/13

面接の時に面接官はあなたの何を見ていると思いますか?

面接で気になるのが「面接官は私の何を見ているのか」というところですよね。どうすれば受かるのか。仕事を探す人皆が思っています。

フリーターだから、無職だから、ニートだから、とアピールポイントが少ないと思っていませんか?

でもこれからお伝えすることは、どんな人でも共通してアピールできるポイントです。誰でもできる事なので是非取り組んでみましょう。

重要なのはなんと言っても第一印象

面接官だって人間です。第一印象は重要です。
これは人と人が関わる上ではどうしても避けられないポイントですよね。

友達だと「第一印象は悪かったけど今は仲がいい」という話も聞きますが、面接官に会うのは少なければこの1回で終わります

しっかり質問に答えないと、という気持ちが焦りすぎて最初の挨拶がきっちり出来ないなんて事にならないようにしましょう。

笑顔でハキハキと話せば、第一印象はそう悪くなる事はありません

 

質問内容で特に重要なのは??

なんといっても「志望動機」でしょう。

なぜその会社に入りたいのか。
どういった仕事に関わりたいのか。
ここでは応募時の業界研究・会社探しのポイントから考えると答えやすいでしょう。


面接官に「おっ!よく調べているな。入社意欲が高いんだな」と思ってもらえるように最大限アピールしましょう。

また、ホームページ・会社資料はしっかり見て「志望動機」を考えたものの、応募している職種とずれた回答をしてしまう求職者の方がたまにいらっしゃいます。

会社全体の事を調べるのも大事ですが、あくまでも自分が応募している職種に対しての「志望動機」を意識して答えて下さい。

 

自分に対する質問も重要です!

「志望動機」をしっかり考えて安心したところで落とし穴になりがちなのが自分自身についての質問です。

長所・短所や現状についての質問が多いのですが、ごまかさずに素直に答えるようにしましょう。

ここで見られているのが、仕事に対しての素直さや真面目さです。

自分を良く見せようとは誰もが思いがちですが、面接ではマイナスポイントになる事がほとんどです。

「現状はこうだけど、就職してどうなっていきたい!」というように前向きに答えられるといいでしょう

 

最初の挨拶は元気よくハキハキと!

色々とポイントを挙げてきましたが、実際面接官の前に立つとどうなるか分からないと思う方も多いのではないでしょうか。

私が実際に求職者の方に伝えていた緊張をほぐす方法です。

「○○ ○○と申します。よろしくお願いいたします」

この最初の挨拶は元気よくハキハキと言って下さい。元気で明るい印象を面接官に与えるのはもちろん、大きい声を発する事で、すーっと緊張がほぐれるのです

 - 応募・面接について