フリーター・既卒からの就職方法を紹介します

*

フリーターや既卒から就職したい!転職業界で働いていた管理人が就職までの道のりを紹介!

緊張しがちな面接、乗り切り方と練習方法について

      2017/10/03

緊張しがちな面接、乗り切り方と練習方法について

正社員を目指して就職活動をしていく中で避けて通れないのが「面接」です。就職活動全ての中での最重要ポイントとも言えるでしょう。

面接は苦手、面接に行きたくない。と思う方も多いのではないでしょうか?

実際に私がサポートさせていただいた求職者の方もこの面接に自分でハードルを上げ、必要以上に緊張している方が多いです。

緊張もしますし、途中で頭が真っ白になってしまったという方も多いでしょう。

それはもったいない!と私は思います。

面接まで進む道はそんなに簡単ではなかったはずです。
応募書類も考えに考えて作成して、書類合格したんです。

「面接」もしっかり準備をして行けば怖くありません。

 

面接の練習ってどうするの?

大事なのは質問への受け答えです。
色んな企業はありますが、面接時の質問にはそこまでの違いはありません。必ず王道の質問はされると思って下さい。

あらかじめ、よくされる質問を予想しておくといいでしょう。

  • どうして当社を志望されたのですか
  • これまではどういう仕事をしていましたか
  • 入社したらどのような仕事をしていきたいですか
  • 自分の長所・短所は何ですか
  • いつから入社できますか
  • 現在までフリーターを続けた理由を教えてください

答えにくい質問もあるかもしれません。でもそこをどう答えるかで人との違いが出てきます。
嘘をつく必要はありません。素直に伝える事がポイントです。

例えば「現在までフリーターを続けた理由を教えてください」と聞かれたとしましょう。

どう答えますか?
家庭の事情・就職活動の失敗など具体的である場合はそのまま答えて下さい。
夢や目標があってフリーターを選択したのなら、その取り組みとなぜ今就職を考えているのかを答えて下さい。

理由がないと言う方。
本当にそうでしょうか?分岐点があったはずです。自分を振り返って答えられるようにしましょう。

質問には全て長々と話さずに具合的に分かりやすく答える事を心がけ、あらかじめ質問されるだろうな、と思う事については答えを用意しておくと良いでしょう。

 

声に出して練習する事が本番で上手くいく近道

練習をする時に質問に対して頭の中で答える、という練習をする方がいます。
自分の家・部屋で練習する時は声に出して練習するようにして下さい。出来るだけ大きな声で話すようにして下さい。

これだけでも緊張の仕方がかわります。

練習をしていないと、声が小さすぎたり、必要以上に大声になったり、声がこもったり、気持ちが乱れた方も少なくありません。

せっかく色々考えても声に出して相手に伝わらないと意味がないんです。

頭で考えた事を声に出してみると、思った以上に話が長い場合が多いので気をつけましょう。

練習を続けると自信が持てるようになります
そうなると面接官の前での顔つきも自分では気付きませんが変わっているんです。
練習を繰り返す事でかならず自信が身に付きます。

せっかく掴んだ面接のチャンスです。後悔しないようしっかり練習をして面接に挑んで下さいね

 

模擬面接をしてみましょう

一番本格的な練習が模擬面接です。

友達や親に面接官になってもらったり、自分でカメラで撮影したりして 客観的にどんな受け答えになっているかを確認しながらする練習です。

でも、正直知り合いにやってもらうのは恥ずかしかったり、 あまり本音が言えなかったりしますよね。また、自分でのカメラ撮影でも良い・悪いが分かり辛いかと思います。

就職相談サービスでは模擬面接をしてくれる場合が多いので、一度相談してみるのもいいでしょう。もちろん就職先の紹介など面接のサポート以外も行ってくれます。練習は続けた分だけ自信になります。 そうなると面接官の前での顔つきも自分では気付きませんが変わっているんです。 ぜひ少しでも自信をつけて面接に挑んで下さい。

 

 - 応募・面接について