フリーター・既卒からの就職方法を紹介します

*

フリーターや既卒から就職したい!転職業界で働いていた管理人が就職までの道のりを紹介!

面接にはいつでも行けるように用意しておこう

   

面接にはいつでも行けるように用意しておこう

面接実施が決まると、次は面接日を決めます。
企業との調整になりますが、出来る限りいつでも行けるようにしておきましょう。

フリーターの方はアルバイトがあってその日は行けない。。
という方もいらっしゃるかもしれません。
それでも、出来る限りバイトのシフトを誰かに代わってもらってでも面接を優先すべきです。

企業の指定日に行けなくて、別の日に面接をしてもらおうと考えていても、指定日に面接した他の候補者に内定が出れば、そこで選考は終了になります
厳しいですが、指定日に来るということでやる気があると見る企業も多いです

 

面接を遅らせたら募集が終わってしまう事も

やはり、就職活動はスピードとタイミングです。

自分だけを企業は面接しようとしているとは限りません
ほとんどの場合が数人の候補者に会って比較して決定されます。

いつ何時でも面接に行く!という事の難しさは分かっていますが、それで逃すチャンスの大きさにも気付いて頂きたいんです。

フリーターでアルバイトをしている方。
事前に急に交代を頼むかもしれない事をアルバイト仲間に一言話すだけでも違うかもしれません。

急にはどうしても休む事が難しい方。
就職エージェントを通して応募される事をおすすめします。
専任のアドバイザーがつきますので、面接の日程の調整も行ってくれる事が多いため、事前に相談の上、休日に面接をまとめて行けるようにしましょう。
同日にまとめて面接に行きたい場合は、自分で調整するよりもエージェントを通した方が楽に調整出来ます。

また、持ち物も事前に用意しておきましょう。
履歴書などの持参が必要な場合もありますので、共通欄は何部か記入済のものを置いておくと急な面接にも対応出来ます。

チャンスはいつ来るか分かりませんし、実際「明日面接に来て!」という企業も少なくはありません
出来る限り、多くのチャンスに挑戦して頂ければと思います。

 

フリーター・ニート・無職にオススメの就職斡旋エージェントはこちら

 - 応募・面接について