フリーター・既卒からの就職方法を紹介します

*

フリーターや既卒から就職したい!転職業界で働いていた管理人が就職までの道のりを紹介!

履歴書と職務経歴書を作ろう!

      2017/03/14

履歴書と職務経歴書を作ろう!

就職活動を始めるにあたり必ず持っていかないといけないのが履歴書です。
アルバイト経験がある、または現在アルバイトをしているフリーターの方は、職務経歴書も作成した方がいいでしょう

ほとんどの企業が、まずは書類選考を行います。
書類選考合格となったら面接に行く流れとなります。

ですので、まずは一回履歴書と職務経歴書を作成してみましょう。
ここでは、特に注意点すべき点をお伝えしたいと思います。

履歴書を作ろう

履歴書を書くにあたり必要な情報を集めましょう。

自分が高校を何年に卒業したか覚えていますか?
うろ覚えの方がほとんどだと思いますが、今はネットで早見表などもありますので、ちゃんと調べて書きましょう。

アルバイト歴は書くの?書かないの?

フリーターの方は学歴のあとの職歴を空欄で出してしまう方もいらっしゃいます。
アルバイトでもしっかり経験としてアピール出来る事なので、ちゃんと書きましょう
期間もどれだけ働いていたのかきちんと思い出して書きましょう。

顔写真は絶対に貼りましょう。
たまに顔写真は絶対に貼らないとダメですか?という質問があります。
貼って下さい。
貼らないということは一カ所空欄のまま提出するという事と同じです。


他にも趣味・特技なども空欄のまま提出するのはやめましょう。
そういう細かいひとつひとつでやる気の有無を見られる事も少なくありません

 

職務経歴書

アルバイト経験の有る方は職務経歴書も作成しましょう。

職務経歴書では、履歴書の職歴をさらに詳しく書いていきます。
それぞれの職場にいた期間、やってきた仕事やどんな思いでその仕事に関わってきたか、その仕事の中で身につけた技術や資格もあれば書きましょう
書類選考での判断基準は色々ですが、職務経歴書での評価はかなり大きい加算点となります。

また、選考者に読んで頂く、という事を考えながら要点を分かりやすくまとめるようにしましょう

職務経歴書の書式は基本的に自由なので、最後に自己PR文・志望動機を入れるのも効果的です。
書類選考の中でアピール出来る最大のポイントとなりますので、しっかり考えて頂ければと思います。


 

応募書類のまとめ

どうでしょうか?けっこう応募書類を作るのに時間かかりそうだな、と思いませんか?
いくつもの企業に応募するとなると、その企業の数だけ応募書類も必要となります。
顔写真ももちろん撮影しに行かなければいけません。
正直、面倒な作業を何回も繰り返す事になります。

でもやりきって下さい!!

字に自信がなくても丁寧に書いて下さい!
誤字脱字がないかチェックして下さい!
見やすいかどうかをまず考えて下さい!

書類選考を通過しないと面接に行けないんです。
応募書類をキチンと作成できるかどうかが、就職活動の大きな分かれ道になります。
就職成功の鍵だと私は思っています。

 

相談出来る窓口もあります

さて、いざ自分で書類を作成しようとしたら「あれ?ここってこんな書き方でいいのかな?」と不安になる事もあるかと思います。

思い切って就職エージェントで相談を受けるのも効果的だと思います。
「職歴も全然ないのにちょっと行きにくいなぁ、相談しにくいなぁ」と思っている方も多いかと思います。

でもよく考えてみて下さい。
エージェントのプロの方はそういう人にも今まで何人も会ってますし、見事就職成功に導いた人達なんです。
頼れるところはしっかり頼って、少しでも気持ちを楽にしながら、就職活動を続けて頂ければと思います。

 - 応募・面接について