フリーター・既卒からの就職方法を紹介します

*

フリーターや既卒から就職したい!転職業界で働いていた管理人が就職までの道のりを紹介!

フリーター・既卒からの就職、どれくらいの期間で出来るの?

      2017/08/23

フリーター・既卒からの就職、どれくらいの期間で出来るの?

就職をしようと思った時に、まずはいつから入社しようと思っていますか?

ここでは簡単に就職までの流れについて確認していきます。

仕事探しから就職までの流れ

1-仕事を探す

何はともあれ、就職活動の第一歩は仕事を探す事からですね。やってみたい仕事。憧れていた仕事。勤務地から。給与条件や福利厚生なんかも。ここではあまり絞りすぎず、いろんな企業の求人情報を見てみるようにしましょう。

仕事探しの関連記事


2-応募をする

勤めてみたい!と思った企業を見つけたら早速応募です。ネットからや郵送で履歴書や履歴書を送付など、企業によって受付方法が違います。募集要項や応募方法をよく読んで正しい手順で応募するようにしましょう。

応募についての関連記事

3-書類選考の結果が出る

あなたの応募内容を企業の採用担当者が確認し、書類選考の結果の連絡があります。ここで惜しくも落ちてしまっても「さぁ次!」と気持ちを切り替えて他の仕事を探したり応募するようにしましょう。凹んだり挫けたりしている時間はありません。

4-いざ面接!

書類選考を通過したらいよいよ面接です!この面接が就職活動でもっとも重要と言っても過言ではありません。応募書類だけではわからなかったあなたの雰囲気や人柄を採用担当者は知りたいと思っています。企業によって違ってきますが、一般的に2次面接までの2回の面接が必要です。

1次面接は採用担当者や採用後に所属する部署の上司などと。2次面接やその企業の役員や社長が出てくるケースもあります。

あまり緊張せず、リラックスして臨むようにしましょうね。

面接についての関連記事


5-内定の連絡が出る

企業の指定した回数の面接を終えたら後は結果待ちです。無事内定となると、就業開始日の調整などを経て初日を迎える事になるのです。面接の結果内定ならず!となっても書類選考で落ちてしまった時同様、次に向けて動きましょう。

ここまで説明してきた流れはよくある一般的な流れで、順調に進んだ場合1ヶ月半〜2ヶ月かかる計算になるでしょう

もちろん、企業によってかかる期間は違います。書類選考に2週間以上かかる企業もあれば、翌日に面接結果が出る事もあります。面接の回数も、1回のところから、多ければ4回以上繰り返す企業も。

職種によっては筆記試験やクリエイティブ系の専門職の場合などは作品の提出が必要なケースもあります。

また、あなた自身も応募したり就職活動を続けているうちに目指す方向が変わる場合もあると思います。

就職の方法もいろいろ。流れをショートカットできる場合も

例えば、リクルートが運営する「転職ショップ」という社会人経験不問の転職支援サービスがあります。この転職ショップが紹介してくれる仕事に応募した場合、履歴書や職務経歴書が不要、書類選考なく、面接だけで就職活動が完了する事になります。
就職ショップの公式サイトはこちら

もう一つオススメなのが、ジェイックという営業職に強い転職サービスは、主催している10日間のセミナーに参加し、修了すると8割以上の方が内定がもらえる、面接会に参加できます。
ジェイックの公式サイトはこちら

このように、転職支援サービスを上手に利用する事で、早く・効率よく就職活動を終える事ができるので、積極的に活用するのをおすすめします。

 - 未経験からの就職先探し