フリーター・既卒からの就職方法を紹介します

*

フリーターや既卒から就職したい!転職業界で働いていた管理人が就職までの道のりを紹介!

面接でよく聞かれる長所などについて。自分は「とりえが無い」って思っていませんか?

      2017/10/03

面接でよく聞かれる長所などについて。自分は「とりえが無い」って思っていませんか?

特に面接の場で聞かれる「あなたの長所やとりえを教えてください」という問いかけ。

この問いかけに対する答えなんて自分にない!と思って必要以上に恐怖を感じてしまう人がたくさん居ます。

自分一人で就職活動をしている人はこれに近い質問に恐怖を感じてしまって面接にいきたくない。と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

応募書類や面接で言える自分のとりえの探し方

私は、就職・転職に関わる仕事をする中で色んな求職者の方に出会ってきました。

正社員、派遣社員、フリーター、ニート、無職。
それぞれの方の置かれた状況はもちろんバラバラですし、そこに至った経歴や学歴もバラバラです。
自分がやりたい仕事がはっきり決まっている方もいれば、漠然と何かに挑戦したい!という方もいらっしゃいました。

でも、現在の状況に関わらずこの言葉を言う方がすごく多いんです。

とりえや武器になるものがないから、何の仕事がいいか分からない

自分のとりえってなんでしょうか?
仕事を探す時に考える事の1つですよね。
何が自分に向いているのか、向いていないのか。
出来れば正社員で長く働きたい。そう思うからこそ、悩む方が多いように思います。

「これまでやってきたバイトで特に何も身に付いてない」

本当にそうでしょうか?何も無いと思っているところに案外強みがあったりします

 

資格や実績などわかりやすい事だけが強みではない!

「ただの雑用しかしてこなかった」
→周りの人がやりたがらない仕事でも忍耐強く出来る力が強みです。

「同じ作業をずっとする仕事だったから、他に生かせない」
→こつこつ地道に仕事を積み上げる事が出来るので、技術職が向いているのでは。

自分の強みは何も派手な経験だけではないんです。その仕事に対して自分がどういう気持ちで向き合えるかという事だって強力な取り柄の1つです。

未経験で応募可能な仕事だったらなおさら経験なんてもちろん求めていません。どれだけ自分を理解して面接の場でアピール出来るかが重要になります。

企業の担当者は、業界未経験のあなたが数ヶ月や数年で戦力になれるようちゃんと育ってくれるか?その為に真面目に仕事に向き合ってくれるか?を見ていますし、採用するにあたって企業側が不安に思う点でもあるのです。

 

難しいのは、自分ではそういった強みに気づきにくいという事です。
自分で今までしたことをメモに書いて、客観的に見たり、思い切って人と話してみる事もいいでしょう。
就職エージェントだと無料で専任のカウンセラーに相談も出来ます
これまでの経歴を伝えながら話してみましょう。自分の知らない自分の強みが見つかることも少なくありません。

とりえが無いと思っている方。
本当にそうでしょうか?もう一度探してみるべきです。

 - 応募・面接について