フリーター・既卒からの就職方法を紹介します

*

フリーターや既卒から就職したい!転職業界で働いていた管理人が就職までの道のりを紹介!

企業が第二新卒やフリーターを採用したい理由

      2017/08/18

企業が第二新卒やフリーターを採用したい理由

「新卒じゃないからまともな就職活動なんてできない」
と思われている人は、未だ少なくありません。

実際、このページをご覧になられている方の中にも、そう考えられている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、全ての企業が新卒を雇いたいと考えているわけではありません。全ての会社に共通している採用基準は、「戦力になる人を雇いたい」ということだけです。

なぜ第二新卒やフリーターは魅力がないと思われているのか?実際にはどのような威力があるのかなどをこのページで紹介していきます。

企業は人材が欲しいタイミングで求人を出している

新卒での就職活動をした人は、ありとあらゆる求人情報を目の当たりにして驚いたでしょう。そして、第二新卒になってから、フリーターになってからの求人情報の量を見て、その量の違いに愕然とした人もいるのではないでしょうか。

新卒での就職活動の際に見た求人情報の方が圧倒的に多く、「社会に求められている」気分になったのではないでしょうか

しかし、実際は違います。「もうすぐ卒業して職を求める学生がそこに集まっている」という理由から多くの企業がその場所に対してまとめて求人を出すので、多く見えているだけです。

求人情報の集め方が変わっただけ。社会に求められていないわけではない

第二新卒・フリーターでの就職活動の場合、情報が向こうからやってくることはありません。自分で探しに行く必要があります。そして、個人が探して出会える求人の量には限界があります。そのために求人情報の量が少なく見えてしまい、「自分は社会に求められていない」という感覚に陥ってしまうことがあります。

触れる求人情報の量は集め方が変わったから違いが出ただけであって、決してあなたが「社会から求められていない」というわけではありません。
企業は新卒採用のための求人情報をまとめて出す以外は、人材が欲しいと思ったタイミングでしか求人を出しません。

また、「第二新卒だから」「フリーターだから」といったステータスを負い目に感じている人はとても多いですが、実際には「そうした人材が欲しい」と考えている企業は少なくないのです。

優秀な人事は第二新卒やフリーターの価値を知っている

新卒を採用した企業の中には
「採用した新卒の社員がすぐに退職してしまった」
というところもあります。

これは企業自体がブラック企業である可能性もゼロではありませんが、多くの場合企業の体質と肌が合わなかったということがほとんどです。面接はよくお見合いに例えられますが、そう考えると就職は結婚です。結婚してもお互いの性格の不一致から離婚してしまうことがあるように、新卒が辞めてしまうこともあるのです。

企業としては、新卒の若さを見込んで「これから教育して成長させよう」と考えて戦略を練ってきたわけですから、できれば同じぐらいの年齢の新入社員を入れて穴埋めしたいと考えるでしょう。

そんな時に積極的に採用したいのが第二新卒やフリーターです。
企業の人事は、優秀であれば優秀であるほど、第二新卒やフリーターにも価値があることをよく知っています。能力がないわけではなく、肌の合った働き口がなかったというだけで第二新卒・フリーターになった人は多くいます。
次年度の新卒まで待つよりも、そうした人たちを雇う方が企業としては手っ取り早くすぐに働き始めてくれる優秀な人材を探すことができるのです。

第二新卒やフリーターの何が評価されるのか?

第二新卒やフリーターは、新卒を評価する際と大きく採用基準が異なります。
何が異なるのか?を具体的に見ていきましょう。

「会社」という組織を経験しているという点

第二新卒やフリーターが一番評価されるのはこの部分です。新卒は若くて何も知らない代わりに企業の色に染めやすいという点が評価されますが、代わりに会社という組織・社会をあまり知りません。そのため、ビジネスマナーや『ほうれんそう』などのビジネスの初歩から教育する必要があります。

第二新卒やフリーターは、こうした部分をある程度知っています。フリーターであったとしたらビジネスマナーは知らないかもしれませんが、『ほうれんそう』のやり方や重要性、チームと連携を取って働くにはどうすればいいのかといった仕事をする上で大切なことを知っています。

そうした部分の教育を省けるところから「会社の色に染めやすい即戦力」として扱われるのです。

やる気やバイタリティといった心の面

次に見られる部分は、心の部分です。
鬱になりにくいようなポジティブな心を持っているということももちろん評価されます。しかしそれ以上に、仕事を前に進める推進力に直結するやる気やバイタリティといった部分は重要視されます。

新卒とは違い、苦い思いも味わってきた第二新卒やフリーターには「今度こそうまくやってやる」という独特の気持ちを持っています。

そうした気持ちがポテンシャルにも繋がり、仕事で良い結果を出すことにもなります。そうしたことが多々あることを、優秀な人事は知っているのです。

第二新卒やフリーターにしかない魅力を前面に押し出してアピール

上記で紹介した以外にも、第二新卒やフリーターには新卒にはない魅力があります。
まずは自分自身で、自分が経験を積んだからこそ得た魅力を自己分析で確認してみましょう。

「保障のないフリーター生活から抜け出したい!」という気持ちも、やる気やバイタリティに繋がる魅力的な感情の1つです。
しかし、「それをそのまま伝えたらまずい」と思うところはうまく言い換えてアピールできるように練習しておきましょう。

マイナス評価になる部分もある

もちろん、全てがプラス評価になるわけではありません。
前職を辞めた理由がネガティブな理由であったり、フリーターになった理由が「就職活動が面倒だったから」なんてものであったりすれば、それらはもちろんマイナス評価になります。

しかし、これらの問題は解決できない問題ではありません。
次の項で、第二新卒やフリーターが上手に就職活動をするにはどうすればいいのか?を紹介します。

面接の練習・求人情報の量を増やすためには転職エージェントを活用

ここまで紹介してきたことをまとめると、第二新卒やフリーターの弱点は以下の3つです。

・個人で収集できる求人情報の量に限界がある
・第二新卒・フリーターであるという負い目から、自分の魅力を見失ってしまっている
・実際にネガティブな理由で第二新卒やフリーターになってしまって、それがマイナス評価になってしまっている

この3つの問題をまとめて解決してくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントの元には求人情報が集まってくる

転職エージェントの元には、新卒の時と同じか、それ以上の求人情報が集まってきます。企業が「転職エージェントに求人情報を出したら良い人材を紹介してくれる」とわかっているので、自動的に求人情報が大量に集まってきます。

転職エージェントに登録すれば、その大量の求人情報から自分に合った仕事を探してもらうことができるのです。

あなたに合った面接対策をしてマイナスポイントをカバー

転職エージェントに登録すれば、あなた専任のコンシェルジュが付きます。その人に面接や職種のことなど、何でも相談することができるのです。

第二新卒やフリーターでの経験で自分の魅力を見失っている人、マイナス評価になり得る職務経歴を持っている人にとって、面接対策の相談相手ができるということはとても心強いことではないでしょうか。
自分の状況と、どんな気持ちを抱えているかを正直に話すことで、コンシェルジュはあなたに合った職種探し、面接練習を行なってくれます。

面接対策本やサイトに載っているような模範解答ではなく、あなたに合ったあなただけの面接対策を教えてくれます。

まとめ:第二新卒やフリーターが欲しい企業もいる

第二新卒やフリーターは、一般的にネガティブな印象が強くあります。実際にネガティブな職務経歴を背負ってしまっている場合もあるでしょう。

しかし、それを承知した上で、第二新卒やフリーターを採用している企業はたくさんあります。そうした企業に出会えないのは、求人情報に触れる量が新卒の頃と比較して少なくなってしまっているからです。

求人情報数を増やすため、ネガティブな職務経歴などの面接対策のためにも、転職エージェントを活用してみてください。

転職エージェントは掛け持ちしても問題ありませんので、まとめて複数の転職エージェントに登録すると、効率よく転職活動が進むでしょう。

 - 未経験からの就職先探し