未経験からプログラマーとして就職する最短の方法

IT企業は社会人経験などがなくても、就職しやすい職種の一つとして挙げられます。IT企業は業種にもよりますが、パソコン一台でも設立ができ、日々企業が増えており、IT関連のサービス、例えば最近ではAI関連事業なども増えています。

企業の数・市場が増えており、人材が不足している業界、と言える訳です。

そういった拝見を知っている事から、IT業界を目指す方も増えています。

かくいう私も、高卒パチンコ屋でのアルバイトから数社へのIT企業へと就職した経験からもそう言えます。現在は私が就職活動をしていた当時よりもかなり恵まれている環境です。

私が未経験から就職活動をしていた10年ほど前は、自分でパソコンを買い、よくわからないまま専門書を買って、よくわからないまま勉強をし・・・という状況でした。

もちろん、専門学校やデジハリなどの学校はありましたが、高額であったため、通うことができませんでした。

すこし話がそれました。

私が就職活動していた当時、10年ほど前に比べ、どうよくなったか?というと、例えば、未経験からホームページ作りやプログラミングなどを勉強したい!と思ったら、初心者向けに技術説明をしているサイトやQ&Aサイト。YouTube動画などがすぐに検索して見る事ができます。

やる気さえあれば、それなりの知識を得る事ができる環境です。

独学での勉強でIT企業に就職できる?

無理とは言えませんが、難しいでしょう。

就職しやすい職種と言ってたじゃん!と思われたかとおもいますが、誰でも入社できる訳ではなく、必ず必要なものがあります。それがあなたのスキルなどがわかるポートフォリオです。

デザイナーを志すなら自分で作ったデザイン作品。プログラマーを志すなら、例えばwebサービスなどを応募の際などに提示する事が求められます。それは業界未経験以外の転職組でも前職での実績を求められます。

もちろん、業界経験不問・初心者歓迎!という求人もありますが、同じ条件でポートフォリオなどを持ってきている方と何も持って来ていない方ですと、前者が内定に近くでしょう。

独力でおっ!と思われるポートフォリオは作れる?

無理とは言いませんが、まったくの未経験からだとかなり時間はかかるでしょう。

たとえば、ホームページを作ろう!と思った際、まずは何から?始めたらいいの?と思い、「ホームページ 作り方」などと検索します。そして、そこでサーバー・html・css・php・WordPress・・・など、始めて見る単語に触れ頭に「?」が浮かびます。いろんなサイトや本を見ながら、わからない単語や技術を都度検索しながら頑張りながら、これって正しい勉強なのかな?そして頑張って作り上げても、これポートフォリオとして成立するクオリティなのかな?と不安になるでしょう。

周りにアドバイスをくれる友人がいたり、例えば師匠になるような人をtwitterなどで探せればいいでしょうが、なかなか難しいのが現実です。

あと、最近はパソコンを持っていない若者が多いとも聞きます。そういった方はパソコン購入からなので、より一層ハードルは高くなりますね。

 

勉強とポートフォリオ作りと就職活動を並行させる方法があります

本当良い時代になったな、と思うのが、ITの勉強をしながら、就職活動もサポートしてくれる転職エージェントがある事。です。しかも無料で。

例えばこのGEEKJOBという転職エージェントは29歳までの年齢制限がありますが、プログラミング・インフラエンジニアとして働く知識を現役のプログラマーから学ぶ事ができ、学びながら作ったwebアプリなどは、就職を希望する企業への応募の際、ポートフォリオとして利用できるのもかなり良い点です。現役の先輩にアドバイスを受けながら作り上げたサービスなので、ポートフォリオとしてのクオリティはまず間違いないでしょう。

このGEEK JOBのスクールは東京にあるため、関東圏以外の方の利用は難しそうですが、関東圏に住んでいて、IT関連の企業に就職・転職したい!という方は一度無料体験説明会に行って詳しい話を聞いてみるべきです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です