フリーター・既卒からの就職方法を紹介します

*

フリーターや既卒から就職したい!転職業界で働いていた管理人が就職までの道のりを紹介!

こんな転職エージェントはやめておけ!転職エージェントを切るタイミング

      2017/08/18

転職エージェントは就職活動や転職活動に非常に役立ってくれるすばらしいサービスを提供してくれます。しかし、全ての転職エージェントがすばらしいサービスを提供してくれるとは限りません。

思った通りの就職活動ができなかったり、場合によっては腹が立つような出来事に遭遇したりすることもあります。そんな転職エージェントに当たってしまった場合、どのようにすれば良いのでしょうか?

転職エージェントを使いこなして充実した就職・転職を実現しましょう!

転職エージェントの悪評は大体「担当者」の対応によるもの

ネットで見かける転職エージェントの悪評や、実際に利用してみて感じる不満のほとんどは会社そのものではなく、担当者の対応によるものです。

特によくある担当者問題として、2つの問題を挙げました。

担当の性格が悪い・相性が悪い問題

まず1つ目に挙げたいのが、担当者と「人として合わなかった」という問題です。

この問題に当たると苛立ちや怒りを感じる人が多いでしょう。態度が横柄だったり、妙に馴れ馴れしくされたり・・・はっきり言って気分が悪いですよね。単純に相性が悪いだけの時もありますが、明らかに態度が悪い場合は担当者変更の要望意外にクレームを入れてもいいでしょう。

登録したのに全く連絡が来ない問題

転職エージェントに登録したのに全く連絡が来ない・・・ということもあります。

求職者の多くは「できるだけ早く、段取りよく話を進めたい」と考えていますから、連絡が遅いだけでも不満が募りますね。

連絡が来ない場合、2つの原因が考えられます。

まず、担当者起因の問題として考えられるのが「忘れていた」という問題です。

あってはいけないことですが、担当者が無能だった場合はこうしたことも実際起こり得るのです。

もう1つ考えられる理由としては、転職エージェントがあなたに合う求人情報を持っていなかったという問題が考えられます。

求人情報がないこと自体は担当者のせいではありませんが、マッチした求人情報が現時点でないのであればその旨を連絡しなければいけませんよね。

結局、担当者の無能さ、段取りの悪さのせいということになります。

希望していない職種ばかり紹介される問題は複雑

特定の職種を希望したのにも関わらず、全く違う職種の求人情報ばかりを紹介されて不満を感じる・・・というケースもあります。

この問題も担当者が無能であるせいという場合もあるのですが、それ以外にも考えられる原因が複数あります。

いくつか考えられる問題を挙げてみましたので、思い当たることがないかチェックしてみてください。

高望みな希望を出していませんか?

どう考えても紹介できないような、無茶な希望を出してはいませんか?

職歴も資格もないにも関わらず、「年収は最低でも800万円以上」なんて言ってしまっているのであれば・・・原因は転職エージェントではなくあなたです。

転職エージェントはどんな無茶な条件でも受け止めて入社させてくれる魔法使いの会社ではありません。

その人の能力や適性を判断し、あなたという人材を求めてくれる会社の求人情報を紹介してくれて、入社できるようにサポートをしてくれる会社です。

夢や目標を持つのは悪いことではありませんが、それを転職エージェントに全て叶えてもらおうとするのは考えが甘過ぎます。

この場合、転職エージェントが紹介してくれた求人が今のあなたにとって妥当な仕事だということです。

不満をぶつける前に「私が出した希望は高望みでしたか?」と担当者に確認してみましょう。

紹介された求人、あなたに合う求人情報ではありませんか?

紹介された求人を一度よく見てみてください。

もしかしたら、あなたの特技や性格に合った仕事の求人情報ということはありませんか?

高望みもしておらず、求人の条件も悪くない場合、こういう事があり得ます。

担当者はあなたと連絡を取り合ったり、プロフィールなどをチェックしたりしているうちに「この人はあの仕事が得意そうだな」と閃くことがあります。

そんな時は「本人の希望ではないけれど紹介してみよう」と求人情報を送ってくることがあります、

これは転職エージェントの担当を長く勤めているベテランにありがちなことです。

実際にこうした紹介でうまくいった経験があるのでしょう。

なので、すぐに「希望と違う!」と突っぱねずに「なぜこの求人を紹介したんですか?」と担当者に確認してみましょう。

そうすると、自分では気付いていなかった自分の長所や、これまで知らなかった業界の特色を教えてもらえて意外な気付きがあることがあります。

どうしても納得がいかない時は転職エージェントを変えよう

色々考えた結果、「ここでは自分の思った就職活動ができない!」と判断したのであれば、転職エージェントを変えるのも1つの手段です。

現在、転職エージェントはたくさんありますから、1社気に入らなかったぐらいでは山ほど選択肢が残されています。

転職エージェントは複数登録して問題ないので、現在登録している転職エージェントの登録を抹消する必要はありません。

もしかすると、のちのち良い求人情報が入った時に連絡をくれる可能性がゼロではありませんから、残しておいた方がいいでしょう。

しかし、「あんまりにも嫌な思いをしたから縁を切りたい!」という時は登録を抹消してしまいましょう。

転職エージェントそのものではなく担当者のみを変えるという手も

現在登録している転職エージェントが何かの職業に特化している会社であれば、転職エージェントを変えるのは難しいこともあります。

その場合は、担当者のみを変えてもらうように転職エージェントに連絡してお願いをしましょう。

担当者の変更希望は珍しいことではありませんので、すぐに変更してくれるでしょう。

怒りをぶつけるために担当者に直接きつい言葉を浴びせる人もいますが、それはあなたの評価がマイナスになってしまうためおすすめしません。

別の窓口に相談すれば、スムーズに担当者替えをすることができます。

まとめ:多くの問題は担当者起因?問題の原因を捉えて上手に使おう

転職エージェントで起こる問題、抱く不満や不安の多くは転職エージェントの会社そのものではなく担当者が原因であることがほとんどです。

転職エージェントそのものを変更する前に担当者の変更を申し出てみるのも1つの手段です。

何度担当替えをしても納得のいく結果が出ないという場合には、自分にも落ち度がないか一度考えてみることも大切です。

どう考えても、何を確認しても自分の責任ではないとすれば、その転職エージェントを切って他の転職エージェントに登録した方がいいでしょう。

他の転職エージェントに替えるためにすることは、他の転職エージェントに登録するだけでOKです。

気に入らなかった転職エージェントの登録を解除せずとも放置しておいて問題ありません。

同時に複数の転職エージェントを登録することで求人情報の提供される量が増えますから、どんどんたくさんの転職エージェントに登録すると就職・転職活動がスムーズにいくかもしれません。