会社を探すポイントってありますか?

どんな職種に興味があるか、どんな業界で働きたいか。
なんとなくでも、いくつか候補が思いつくようになってきたら、本格的に仕事を探し始める時です。

ここで言う仕事を探すとは、実際に応募する会社の候補を探していく事です。

探し方は様々です。
新聞広告やチラシ・求人雑誌・自社HP・求人サイトに載っている求人など、最近は探しやすいですよね。

しかし、これらの探し方だと実際には募集が終わっている求人も多くあるので、あまり効率的とはいえません。
その中から未経験可能、学歴不問など細かく探そうを思うとなおさらです。

募集している会社の中から実際にどこに応募するかを考えましょう。
やはり、なんでもかんでも応募というわけにもいきません。

「ここだけはおさえておく」というポイントを紹介していきます。

 

会社の情報を見よう

これはHPが一番分かりやすいと思います。
企業理念や、その会社の考え方が一目瞭然です。
その会社に心酔する、までは言いませんが、共感出来る部分がある会社を選びましょう。

「考え方は嫌だけど、お給料がいいからこの会社に入ります」

こういう考え方だと面接を受けても受からない事の方が多いです。
また、入ったとしても長続きしたい方が大半です。

 

ネットの噂を信じすぎない

最近とても多いのが、ネット上の噂に振り回されてしまう求職者の方です。

「ブラック企業だと書いてあった」
「残業代が出ないし、雰囲気も悪いと書いてあった」

全てがただの噂とは言い切れませんが、真実とも言い切れませんよね。
噂はどこまで行っても噂なんです。

言うまでもなくネットに書いてある事が全て事実という事もありません

 

会社の情報を聞こう

上の二つのポイントは自分1人で出来る事です。
正直、情報が少なくて受ける会社を絞りきれませんよね?
ではどうしましょう。

詳しい人に聞くのが手っ取り早いんです。結局。

まわりの友人の就職活動の時の話を聞いてみるのもいいかもしれません。
でも欲しいのは今現在の正しい情報なんです。

思い切って就職斡旋サービスで聞く事をおすすめします。

最近はフリーター・無職・ニートなどを対象とした正社員への就職斡旋エージェントもあります。
利用にかかる費用が無料なので利用しないと損とも言えるでしょう。

  • 自分が行きたい職種では何社募集があるのか
  • 未経験でも応募できる会社は何社募集があるのか。
  • その会社はどんな雰囲気なのか、どの年代の人が多いのか。
  • 今後その会社はどのような方向を目指しているのか。
  • 自分はそこでどのような経験をつめるのか。

などなど。気になることのほとんどは回答をもらえるでしょう。

ここで、やっとどこの会社に応募するかを考えられます。
「正しい情報を集める事」これが会社を探す最大のポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です