未経験から工場や製造業への就職方法、メリット・デメリットについて

工場や製造業の仕事は「モノづくり」と呼ばれ、よく耳にするようになりましたね。

ドラマでも取り上げられた「日本のモノづくりの技術」には定評があり、世界からの信頼を得ています。

また、体力的にキツくて危険、給料も安そうといったイメージは変わってきています

ここでは製造業や工場で働く方法から実態まで紹介していきます。

製造業や工場で働いた事ないんだけど、働いてみようかな?という興味がある方の参考になれば幸いです。

 

工場や製造業での仕事にむいている人って?

興味があったとしても『向き不向き』は分かりづらいですよね。

ここでは、工場・製造業での仕事にむいている人の傾向をお伝えしていきます。

 

将来のために手に職をつけたい人

入社前は特技が無くても、勤務していくうちに技術が身についていきます。

将来、ステップアップや転職を考えた時に武器となる『手に職』が欲しい方にぴったりです。

 

『オン・オフ』をしっかり分けて働きたい

工場・製造業では安全のために勤務体系がしっかり決まっており、他の職種と比べてみるとその差は明らかです。

例えば営業職であれば、勤務時間を決めないフレックス制を取り入れることがありますが、取引先の都合によってスケジュールがころころ変わります。

このように日々のリズムが崩れるのが嫌な方には、工場・製造業は勤務しやすいでしょう。

 

コツコツ細かい作業が好き

工場・製造業の仕事は正確さ・丁寧さが求められることが多いので、細かい作業が好きな方なら夢中で取り組むことが出来るでしょう。

手先の器用さに自信がある方にも向いています。

 

工場や製造業の仕事はどこで探せるの?

「モノづくりに関わる仕事っていいな」と思ったとき、どこで仕事を探せばいいのでしょうか。

一般の就職エージェント・サイトの場合、工場・製造業の求人件数が少なく選択肢がありません。

そのため、工場・製造業に特化したところで探した方が求人数も多く効率的です。

寮付き・土日祝休み・交通費支給』など条件で検索することも可能です。

それでは、早速おススメの就職サービスを紹介していきます。

 

工場求人ナビ:相談しながら仕事を探したい

  • 全国規模で求人情報を取り扱い。特に寮付き希望の方への工場求人が充実!
  • 専門コーディネーターが仕事選びをお手伝い
  • 勤務地までの赴任交通費支給、寮や備品を完備するなどサポート体制が万全

工場求人ナビは、日総工産で請け負っている工場系のお仕事を紹介する求人サイトです。

雇用形態は派遣・請負・メーカー直接雇用・正社員の4つ。

どんな働き方がいいのか分からなくても、コーディネーターが丁寧にアドバイスするので安心です。

また、就業後も悩みを相談できるスタッフホットラインなど、サポートが充実しているので初めて就職する方には特におすすめです。

 

工場求人ナビの公式サイトへ

 

工場ワークス:自分のペースで就職活動をしたい

  • 日本全国の工場系ワークを掲載する求人サイト
  • 未経験OK求人多数あり
  • 寮付き・交通費支給などこだわり条件での検索可

工場ワークスは、気になる仕事があればすぐに応募できる求人サイトです。

コーディネーターとの時間調整の必要がないので、自分の空いた時間を使って自由に就職活動ができるのがメリットです。

 

工場ワークスの公式サイトへ

 

ウズキャリ:他の業界・職種も含めて検討したい

  • 既卒・フリーターの内定率86%を誇る総合型就職サービス
  • キャリアアドバイザーと一緒に就職活動を進められる
  • ブラック企業を徹底排除!定着率は93%以上

ウズキャリは様々な業界・職種の求人を取り扱う総合型就職サービスです。

工場・製造業と他の仕事を比較しながら考えられるのが総合型のメリットです。

一番の特徴は、自社基準を設けてブラック企業を除外していることです。

雇用条件に不安を感じる方はウズキャリで相談してみましょう。

 

ウズキャリの公式サイトへ

 

工場や製造業で働くメリット

続いて、工場や製造業で働くメリットについて解説していきます。

これらのメリットがあることによって「この職種を選んだ」と言う人も多くいます。

自分の目指すライフスタイルと照らし合わせながら見てみましょう。

 

給料や待遇の制度が整っている

体力的にキツくて給料も安い。

こんなイメージを工場や製造業と聞くと思い浮かべませんか?

実際はそんな事はなく、給与面では平均を下回る事はなく、最低でも年収300万円以上が見込める求人がたくさんあります。

例えば夜勤や土日も稼働している企業であれば、夜間や土日出勤などの手当てが着く分、より稼げるケースも多数あります。

 

勤務時間や休憩がしっかりしている

工場や製造業は始業・終業、お昼休みや休憩時間も、しっかり決められている企業がほとんどです。

長時間労働となると体力や注意力がどうしても落ちてしまい、事故などにつながる恐れもあるためしっかりと管理されています。

 

職種はさまざまで、キャリアアップも見込める

  • 職人的な技巧が求められる手仕事
  • 大きな機械を操作する作業
  • CAD(キャド)というパソコンでのデータ作成
  • 出来上がった品物の検品や梱包などの作業

工場や製造業と一口に言ってもたくさんの仕事で成り立っています。

これら職種の経験やスキルはもちろん、危険物や乗り物の免許など様々な関連資格保有も重宝されます。

働いていくなかで資格や免許を取得することが出来るので、給料アップが見込めます。

また、さらなるステップアップを目指して転職することも可能です。

 

人と話すのが苦手でも出来る職種がある

どうしても緊張してしまって話すことが苦手という方がいます。

工場・製造業であれば、黙々と集中する仕事が多いのでそこまで気にすることはありません。

むしろ、寡黙に頑張れる人が向いている職場と言えるでしょう。

 

未経験からでも就職しやすい業界

工場や製造業は、業務内容がマニュアル化・分業化されています。

最初は簡単な仕事から徐々に仕事を覚えていく事を前提にした企業が多いため未経験者からでも就職しやすい業界です。

学歴不問の求人が多く、今までの社会経験や学歴にあまり自信がない方でも、正社員になりやすい業界です。

 

工場や製造業で働くデメリット

どんな仕事にも、メリットがあればもちろんデメリットもあります。

「自分なら大丈夫だな」と思えたらそこまで身構える必要はありません。

 

単純作業が多い仕事もあり退屈な場合もある

工場と言っても様々な職種があると先にお伝えしましたが、流れ作業のような職種もあります。

「同じ作業をずっと繰り返す事が苦にならない」

「むしろ好きだ」

という方にとってはデメリットではありませんが、単純作業が苦手な方には苦痛となる場合もあります。

仕事探しや面接の際に、どんな職種を担当するのか?を確認するようにしましょう。

 

職場が都市部でない事が多い

工場は広い敷地に建設される事が多いため、大都市から離れているケースがほとんどです。

工業地域という工場がたくさんある地域の沿線を除けば、勤務地と最寄り駅が遠すぎて徒歩通勤が難しいこともあります。

そのため、寮を完備していたり、車通勤を推奨している企業も多数存在します。

にぎやかな市街地に住みたいと思っている方は少し寂しい思いをするかもしれません。

 

まとめ:工場・製造業は幅広い働き方が選べる

今回は、工場・製造業について解説してきました。

一見すると、同じことを繰り返すだけのように思われる仕事ですが、手作業からパソコン作業まで職種は様々です。

そのため、「手に職をつけたい」「パソコンを使った仕事がしたい」「資格を取りたい」といった幅広い働き方を選ぶことができます。

勤務体制も整っているため友人・家族との時間も作りやすく、長期間働きやすいといえるでしょう。

興味のある方は、「自分なら何がしたいかな?」というところから考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です